アグアプレコの飼育方法

ドット柄

吸盤状の口を持つアグアプレコ

アグアプレコ(Acanthicus adonis)はナマズ目ロリカリア科に属する魚類の一種です。
プレコストムス(Plecostomus)が正式名称ですが、一般にはプレコ(Pleco)と呼ばれ親しまれています。
アマゾン川流域を中心に生息するプレコは種類もおおく、大きさも10cm以下のものから1m以上の大型種までバラエティに富んでいます。

吸盤状の口を持ち、ガラスや岩などに吸い付けるという特徴があり、表面に付いたコケを食べることができます。
水槽の掃除役として活用されることも多いのですが、アクリルの水槽だと表面に歯で傷をつけることがあるので注意しましょう。
口の他に特徴的なのは瞳の形状です。
暗い場所では丸い瞳が明るい場所ではオメガの記号を逆さにしたような半月状になるため、オメガアイと呼ばれることもあります。

プレコの種類の中でも、アグアプレコ(別名アドニスプレコ)は体長80〜100cmとかなり大型の方に属します。
身体はスリムで表面に棘があるのが特徴です。
これ以外にも背びれが船の帆のような形のセイルフィンプレコやストライプ模様が非常に美しいロイヤルプレコ、体長が1m以上にもなるアカリエスピーニョなどがいます。

幼魚の頃のアグアプレコは無数の白いスポット模様がありますが、成長するにつれてスポットが消えていき、成魚になると全身が黒になります。

アグアプレコを飼う際の注意点

比較的丈夫な種なので飼育は簡単です。
身体はかなり大きく成長するので120cm以上の水槽を準備しておくことが大切です。
基本的に雑食ですが、植物性のエサをメインにして動物性のエサは時々与えるようにするといいでしょう。

水槽内の水温は25〜28℃に保ち、水質は弱酸性〜弱アルカリ性にキープします。
水槽はアクリル製だと飼っているうちに傷が目立つようになるのでガラス製がおすすめです。
アグアプレコは元来、水流の強い場所に生息していますからできれば水流を作ってあげましょう。

水槽内に水流を作るにはポンプを使用します。
コントローラーのないウェーブポンプは広い流れを作ることができますが、ランダム性はなく流れは常に一定しています。
ランダムな水流を作りたい場合にはヘッド部分が回転するディフレクターを使用すると効果的です。
シンプルなウェーブポンプとディフレクターを組み合わせることによってより複雑な水流を作る出すことも可能です。

またアグアプレコは夜行性の動物なので、日中は隠れてじっとしていることのできるシェルターなどもあるとベストです。
流木があればそこに生える苔も食べるので一石二鳥です。
アグアプレコは初心者が自分で繁殖させるには少々難度が高いのですが、チャレンジしてみたい人はプレコマンションや土管状の巣を用意してあげましょう。