猫がかかりやすい病気は?

猫の病気について知ろう

猫には、感染すると命にかかわるような大きな病気がいくつかあります。
猫のウィルス病として恐れられている物の中で、ワクチンを接種することで予防できる
タイプのものには、猫白血球減少症や、猫白血病ウィルス感染症、
ネコウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症などがあり、
毎年1回ワクチンを接種することが必要です。
「猫白血球減少症」は、パルボウィルスの感染でおこるもので、
白血球が極端に少なくなってしまう病気です。
便や体液から感染したり、親子感染もしますが、死亡率がとても高い怖い病気です。

猫の恐ろしい病気

「猫白血病ウィルス感染症」は、リンパ肉腫の主な原因だといわれているもので、
猫に腫瘍を起こしてしまいます。
「ネコウィルス性鼻気管炎」は、ヘルペスウィルスの感染によっておこるもので、
鼻カゼといわれていますが、放っておけば死に至ることもあります。
「猫カリシウィルス感染症」は、ネコウィルス性鼻気管炎ととても似ているのですが、
やはり死亡することもあるので、油断のできない病気です。
またワクチンでは対応できないタイプの感染症には、
猫免疫不全ウィルス感染症と猫伝染性腹膜炎とかがあります。
「猫免疫不全ウィルス感染症」は、猫エイズウィルス感染症のことで、
ウィルスを持っている猫の唾液などから感染してしまいます。
初期の間はとくに症状はでないのですが、だんだんと病気や怪我などが
治りにくくなったり、下痢や口内炎などの症状が現れてきます。
「猫伝染性腹膜炎」と同時に感染してしまうと、猫の命を脅かすことになってしまう
怖い感染症になってしまいます。
ウィルスは人の衣服などに付着して室内に侵入してくることもあれば、
猫同士のけんかなどで感染することもあるようです。
ワクチンも、ウィルスを殺す薬もないので、予防手段としては、
他の猫と接触をさせないということしかありません。
感染症以外の重い病気として、猫でとても多く発生しがちなのは「泌尿器系の病気」です。
腎臓、膀胱、尿道などの疾患に注意が必要です。
また、心筋症やフィラリアもあります。
「心筋症」は発見が遅れがちになってしまうことが多く、
命を脅かす危険性が大きくなってしまいます。

フィラリアを発症する猫も

「フィラリア」はもともと犬に発症する病気だと思われていましたが、
最近は猫にも寄生することがわかり、肺に障害を起こしてしまうようです。
フィラリアに関しては、予防薬を1ヶ月に1回飲ませることで予防ができます。
そして、猫の飼育できってもきりはなせないのが、ノミの寄生です。
ノミはアレルギー性の皮膚炎を引き起こしてしまうだけでなく、
腸内寄生虫の瓜実条虫の原因ともなっていまうので、
るべく増えないように注意が必要です。
ノミは猫の体はもちろんのこと、カーペットをはじめ、あらゆるところに潜んでいます。
ノミの駆除の方法としては、猫の体に駆除剤をつかったり、
内服や注射などでノミの成長をふせぐタイプのもの薬もあります。
飼育環境を清潔保ちながら、薬剤をうまくつかい、根気よく駆除していくことが必要でしょう。