犬がかかりやすい病気は?

犬種や大きさによってかかる病気も違ってくる

犬は犬種によって大きさや体質の違いが大きい動物なので、
かかりやすい病気の種類やその傾向なども変わってきます。
また遺伝的な疾患などもあるので充分な情報収集と注意が必要です。

大型犬がかかりやすい病気

まずは大型犬についてみていきましょう。
大型犬では、大きな体をささえるための肘の関節や股関節などの形成不全や、
大きくて重い顔をささえるための首の椎間板ヘルニアなど、
小型犬に比べると骨や関節といった部分の病気が多い傾向があります。

次に大型犬の種類別にみていきましょう。
もともと寒いところで生まれた「コリー」では、暑い夏の紫外線に弱いことから、
顔の鼻筋の部分や目の周りに炎症が広がってしまう
「日光性皮膚炎」に注意しなくてはいけません。
日本でも人気の犬種で盲導犬としても活躍している「ゴールデンレトリバー」では、
三大遺伝病があります。
いわゆる心臓病、股関節形成不全、
そして進行性の網膜萎縮症や白内障などの眼にかかわる疾患です。

また長毛種特有の皮膚病にもかかりやすいため、注意が必要になります。
日本原産の「秋田犬」では、遺伝病として、やはり眼の病気である
フォクト・小柳・原田病症候群という珍しい名前の免疫疾患があります。
ゴールデンレトリバーと同じく皮膚病にも注意が必要です。
「イングリッシュセター」は、ふさふさと長い尾を傷付けやすいので、
用心しなくてはいけません。

また高齢になると、白内障や難聴、腸の疾患になりやすいともいわれています。

小型犬がかかりやすい病気

つぎに小型犬についてみていきましょう。
小型犬の中でも、頭骨の泉門が開いている犬種は、
頭に強い衝撃がかからないように特に注意が必要になるようです。
さらに動きが機敏で激しいことから、膝関節の脱臼なども多いようです。
また水頭症や歯肉炎、心臓病に気を配るようにしましょう。
次に小型犬の種類別にみていきましょう。
長い毛がかわいい「ヨークシャーテリア」では、アレルギーや膿みなどによる
皮膚病が心配されます。
また顔にも長い毛が生えているので、
眼に毛がかかってしまうことが原因で結膜炎になることもあります。

その他、歯周病などに気を付けましょう。
愛らしい大きな眼が特徴の「シーズー」は、その眼の大きさが災いして、
角膜炎をおこしたり、眼の周囲にある皮膚がひっぱられて
眼が飛び出してしまうという疾患があります。
また皮膚があぶらっぽくなってしまう皮膚病や、呼吸器疾患などにも注意が必要です。
「チワワ」は、先天性になりやすい病気として脳神経疾患があります。
水頭症や頭骨形成不全などに注意しましょう。
また眼の疾患や呼吸器疾患にもかかりやすいので、気を付けましょう。
「マルチーズ」は、紫斑病が多いといわれています。
その他外耳炎や心臓病などにもかかりやすく、注意が必要です。
このように、種類によってそれぞれにかかりやすい疾患が異なってくるので、
自分のペットのかかりやすい病気について情報収集しておくことは、とても重要なのです。