猫を飼うときの環境

舌を出す猫

猫を飼うときに用意するもの

猫を飼うために必要なものといえば、まずはトイレです。
猫のトイレ、猫の砂は猫を飼うときの必需品と言えます。
市販のトイレは平たい箱型のものや、ドームのようなカバーの付いたものなどがありますが、おススメはカバーの付いたタイプです。
猫は用を足したときに砂をかけるので、カバーがついていないと砂が飛び散ってしまうという悩みがあります。

猫の砂も種類があり、トイレに流せるものや固まるものなどいろいろです。
飼い主の使いやすく便利なものを選ぶと良いでしょう。
おススメは便や尿の状態を確認しやすい白い砂タイプです。

室内で飼う猫なら、猫の草が必要になってきます。
猫はグルーミングを行うときに毛を飲み込み、胃の中で毛玉になることがあります。
外に出かける猫なら散歩の時に草を食べて毛玉を吐き出しますが、完全室内飼いの猫はそうはいかないのが悩みの一つです。

一日の大半を寝て過ごす猫には快適な寝床が必要です。
安心して熟睡できるベッドを用意してあげるのをおススメします。
ただし、猫は好みにうるさいのでせっかく猫用ベッドを購入してもそこで寝てくれるとは限りません。
なのであまり高級なものを購入しなくてもいいかもしれません。
カゴにバスタオルなどを敷いて手作りするのも良いでしょう。

爪きりや爪とぎ器なども猫を飼う際に必要になるでしょう。
伸びすぎると人を傷つけたり、家具を傷つけますし、伸びた爪が足に食い込んで猫自身も辛い思いをしてしまいます。
爪きりで小まめにカットしてあげたりするのはもちろん、柱や家具で爪とぎをされないために爪とぎ器を用意しておきましょう。

猫を飼うときに注意すること

猫の健康を維持するのに重要なのがバランスのとれた食生活です。
猫のエサは猫まんまで十分だと考えている人もいるかもしれませんが、キャットフードが一番のおススメです。
出来るだけ良質なものを選んであげると良いでしょう。

人間が食べる物の中には、ねぎ類など猫にとって毒となる食べ物があります。
基本的にキャットフード以外のものを与えないのが基本です。
特に人間が食べる食品は味が濃く塩分が多いので、腎臓に負担がかかります。
猫はもともと腎臓が弱く、死因で一番多いのが腎臓疾患と言われているので、腎臓に負担をかけない食生活が重要です。

安心して暮らせる環境づくりはペットを飼う上で重要なことです。
例えば猫のトイレは、人のあまり行かない部屋の隅に置いてあげることが大切です。
騒がしい場所に置くと使用しないこともあり、悩みの種となることがあります。

また、猫は数あるペットの中でもきれい好きであり、トイレが汚れていると使わないことがあります。
使用する度に掃除するのが望ましいですが、なかなかそうはいきませんから、最低でも朝と夜掃除することを心がけましょう。

猫は自由気ままに暮らすことを好む動物です。
安心して過ごせる居場所を確保しておくのを忘れないようにしましょう。
ペットと仲良く暮らすためには飼い主の努力が必要不可欠です。