犬を飼うときの環境

繋がれているシュナウザー

犬を飼うときに用意するもの


初めて犬を飼うときは何を用意したらいいのかという悩みを抱える方は多いと思います。
屋外で飼うのか室内で飼うのかで用意するものに違いがあります。
かつては屋外で飼うことが多かったのですが、今は室内で犬を飼っているという人も多くいます。
ここでは室内で買う場合の用具を考えていきます。

まず犬専用のスペースであるケージやサークルを準備します。
ケージはいわゆる犬小屋で、サークルは囲いのようなものです。
両方を組み合わせて使う人もいますが、どちらか一つがあれば事足りると思います。
ケージを選ぶなら、子犬が大きくなる事を考えて大きめを選びます。

室内で飼う場合はトイレ道具が必要になります。
トレータイプのトイレを用意し、トイレシーツを敷いて使用します。
トイレは抗菌タイプのものがおすすめです。

食器も食べやすいペット専用のものをおすすめします。
犬の種類によって食べやすい食器は違い、例えば口元が長い犬は深い食器が良いですし短めなら浅い食器が良いでしょう。
ステンレス、プラスチック、陶器など材質もいろいろあります。

犬は季節によって毛が生え変わります。
また、私たち人間と同じように抜け毛があります。
ですから、ブラシで毛を取り除いたり、毛並を整えてあげる必要があります。
ブラシなどのグルーミングセットや爪きり、やすりなども揃えておきましょう。

犬と言えばお散歩がつきものですから、首輪とリードは必ず必要です。
また、散歩時の糞の処理のためのスコップやビニール袋なども用意しておきましょう。

おもちゃは運動不足の悩み解消にはもってこいです。
ボールやお人形、フリスビーなど犬用のおもちゃがいろいろありますから、興味のありそうなものをチョイスしましょう。

犬を飼うときに注意すること

飼い主と犬とが快適に過ごせる環境づくりが犬を飼う上で大切なことのひとつです。
犬が自由に過ごせる部屋を作ってあげましょう。

また、犬などのペットと生活するときに一番重要なのが、犬の届く位置に物を置かないということです。
小さな赤ちゃんがいる家では当たり前のことですが、意外に下に物を置いていることが多く、誤飲事故が起こりやすくなっています。
ペットは電気コードをかじることもあるので対策が必要です。

犬を飼うときは子犬から飼い始めることが多いと思いますが、子犬の頃からしっかりしつけることが大切です。
かわいいかわいいと甘やかしていると、いざ大人になってからいう事を聞かなくなってしまいます。

大人になってから手が付けられなくなるという悩みを抱える人は少なくありません。
犬種によっては重大な事故を起こすことも考えられます。
子犬の頃から少しずつしつけを学ばせましょう。
まずはおすわりを教える事から始めて、おあずけや伏せなどを教えていくと良いでしょう。
生後3か月頃から6か月くらいまでにしつけを終わらせるのが目標です。

犬のしつけは犬を飼う上で重要なことです。
特に主従関係を理解させるのは大切ですから、ただかわいがるだけでなくダメなものはダメと教えてあげましょう。