ウサギを飼うときの環境

グレーのウサギ

ウサギを飼うときに用意するもの


ペットとして人気の高いウサギは草食動物であり、賢くて温厚なので飼いやすい生き物です。
初めてウサギを飼うのなら、迎え入れる前に飼育用品などを準備しておきましょう。

まず必要なのがウサギの家となるケージです。
なるべく大きめのものを選んであげるのが良いでしょう。
例えばミニウサギという通常よりも小さいサイズのウサギがペットショップで販売されていますが、普通に大きくなってしまうことも割とあるようです。

ケージに入れるものとして、トイレや巣箱、牧草入れ、エサ入れ、給水ボトルなどを用意しておくと良いでしょう。

エサはウサギ用の飼料や野菜などを与えますが牧草も食べます。
ウサギに水をあげてはいけないという話がありますが、新鮮な野菜をいつも与えるわけではないので水分は必要です。
特にウサギ用の飼料のみで飼育する場合は水分が不足しがちですから水を与えなければ脱水症状を引き起こします。

これらの飼育用品の他に、グルーミング用品やケージの掃除中に使用できるサークル、そして外を散歩させるならリードを用意しておきます。

ウサギはものをかじるのが大好きなので、かじり木や噛んで遊ぶおもちゃを用意しましょう。
一生歯が伸び続けるげっ歯類なので、不正咬合を防ぐためにもウサギには噛むおもちゃは必需品です。
また、掘ったり隠れたりするのも大好きなので、段ボールに牧草を敷き詰めて掘らせてあげるのも良いと思います。

ペットとしてウサギを飼うときに注意すること

見かけはかわいいし、飼育も簡単そうだからという安易な気持ちだけでウサギを飼い始めると悩みが多く大変な思いをすることもあります。
犬や猫とはまるで違う飼育方法となりますから、ウサギについてある程度の知識を持ってから飼い始めるのをおススメします。

基本的にウサギは臆病なので音に敏感に反応します。
犬や猫のように意思表示をしないので、よく観察することが大切です。
ストレスが溜まるとエサを食べなくなり、下痢を引き起こしますし、そのまま放っておくと最悪死んでしまうこともあるのです。
また、ウサギは骨が弱いのでちょっとした衝撃で骨折してしまうことがあるのが悩みの一つであります。

ウサギは大きな声で鳴く事はありませんが、金網をかじったりなど騒音を出すことがあります。
夜にたてる騒音に悩み苦しむ飼い主も少なくありません。
かまってもらいたい、ストレスがたまっているなどの理由も考えられるので、1日に1時間は遊んであげる時間をとりましょう。

ケージから出して遊ばせてあげるときはウサギから目を離さないことが大切です。
ウサギはものをかじる習性があるため、部屋の中のあらゆるものをかじってしまう可能性があります。
電気コードはガードしておく、下に物は置かないなど、ウサギが安心して遊べる環境づくりをしてあげましょう。

ウサギの噛み癖に悩む飼い主も少なくありません。
噛まれるとても痛いので噛み癖のしつけは大切です。
ウサギに噛まれたらその場で叱り、噛み癖を矯正していきましょう。