リスを飼うときの環境

エサを持ちながら食べるリス

リスを飼うときに用意するもの


リスは大きなしっぽとかわいらしい仕草で、ペットとしても人気のある小動物です。
一度飼ってみたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

リスをペットとして飼うときに必要なものといえば、まずはリスの家となるケージです。
リスは単体で生活する動物なので複数のリスを飼う場合は、1匹に1ケージ準備する必要があります。
なるべく高さのある大きなものを選んであげるのがおススメです。

また、金網は目の細かいものを選んで、脱走されないように入り口には鍵をかけると良いでしょう。
リスを飼っている人の中には脱走という悩みを抱える人も少なくありません。
噛み砕けるプラスチック製のケージは使用しない方がいいと思います。

その他、ケージの中にエサ入れやトイレ、給水ボトル、巣箱、巣材、止まり木、回し車などを用意しておくのが基本です。
ケージの床には巣材を敷き詰めて、森や山のようにケージ内を自由に動き回れるように環境を作ってあげましょう。

リスのエサは雑穀や種子などで、リスの飼育には配合飼料を用意しておきます。
副食として小動物用のペレットフードや野菜や果物などを与えると良いでしょう。
ただし、野生と違いケージの中で過ごすためエサの与えすぎは肥満のもとです。

リスは暑さに弱いという弱点があります。
そのため夏場の飼育に注意が必要になってきます。
室温は20℃から26℃くらいがもっともリスに適しているため、暑い時期にはエアコンが欲しいところです。
夏場は小動物専用の冷却ボードをケージ内に取り付けると良いでしょう。

また、リスは歯が伸び続けるげっ歯類です。
歯が伸びすぎてしまうと不正咬合となってしまうので、噛むおもちゃを用意しておきましょう。

ペットとしてリスを飼うときに注意すること

リスに合った大きさのケージを用意しておけば運動不足になることはあまりありませんが、慣れてきたらストレス解消のためにたまにケージの外で遊ばせてあげるのをおススメします。
ただし電気コードなど、かじられて困るようなものにはきちんと対策しておく必要があります。

リスを繁殖させたいと考えている人は気を付けなければならないことがあります。
実はリスは1回にたくさんの子供を産むのです。
そのため安易に繁殖させてしまうと収拾がつかなくなってしまうこともあり悩みの種となるのです。
現に外国では増えすぎたリスを害獣扱いしているところもあります。

リスは1匹に1ケージ必要ですから、繁殖すれは飼育代がかなりかさんでいくという悩みもあります。ですからかわいいとはいえ繁殖は安易に行わず、責任を持って行うことをおススメします。

犬や猫と違いリスは冬眠する動物です。
一般的にリスは5か月から7か月の間冬眠すると言われています。
冬場の寒い時期になると冬眠の準備に入るのが一般的ですが、寒くなったら必ず冬眠をするというわけでもありません。
室温が高ければ冬眠をしないこともありますし、室温を管理することで冬眠させないようにすることも可能です。