ウサギのケアについて(その2)

白いウサギと丸太のイラスト

ウサギの食事について

人間と同じくウサギの場合にも、成長を促し健康を維持するためには、
食事のケアに気を配ってあげることが大前提となります。
ウサギの食事についてみていきましょう。
ウサギの食事といえば、牧草が基本になります。
子ウサギのころから、牧草を食べる習慣をつけておくことはとても重要になります。
牧草を食べることは、不正咬合や消化器官の疾患の予防などにもつながり、
利点がたくさんあるのです。

今はウサギのペット食も進化して、
栄養価の高いペレットなどの固形フードもさまざまな種類が出ています。
栄養バランスを整えるためにはとても役に立つので積極的に取り入れて構いません。
ですが、牧草を食べずにペレットばかり食べると、
栄養過多となってしまい肥満の原因になります。

またウサギは味覚が発達している動物なので、
甘みのある野菜や果物などの副食にもとても興味を示します。
ですが、こちらも与えすぎると消化不良になってしまったり、
肥満になってしまうことがあります。
副食として時々少しだけあげるようにしてください。

主食の牧草について

主食である牧草には様々な種類がありますが、年齢をかさねるにつれて
必要な栄養素なども変わってくることから、適宜変化させていく必要があります。
では、健康維持の必需品である牧草を食べてくれない場合には、
どのように対処したらよいのでしょうか。

まずは、ウサギが牧草をいつでも食べやすいように、
牧草の置き方や置く場所の高さなどに気を付けて常に用意してあげるようにしましょう。
また、与える牧草は、鮮度の新しいおいしいものにして、
古くなっておいしくない牧草などを置かないようにしましょう。
牧草以外のものでおなかがいっぱいになってしまっていることも考えられるので、
ペレットやその他の副食の量を減らし、空腹を促してあげましょう。

さらに今与えている牧草がウサギの好みにあっていないとケースもあるので、
牧草の種類をいろいろ変えて試してみることも効果的です。
食事のバランスを見なおし、牧草を食べる習慣がみにつくようにしてあげてくださいね。
この他、現在ではウサギの健康をサポートするアイテムとして、
ウサギ専用のサプリメントなどもペットショップで手軽に購入することができます。

例えば、乳酸菌と穀物を混ぜ合わせてウサギの排便を促してあげる効果のある乳酸菌。
ウサギが飲み込んでしまった体毛を溶かすことで
毛球症の予防にもなるパイナップル酵素配合サプリ。
ウサギの免疫力を高めるためのミネラルやアミノ酸などを
多く含んでいるプロポリス、です。
上手に活用してウサギの栄養補給をしてあげましょう。

肥満になってしまうと、ウサギの代謝が悪くなり、
健康を維持することが難しくなってしまいます。
もしも太ってしまったという場合には、おやつやペレットの量をみなおして、
運動の時間を増やすなどの工夫をし、ダイエットを試みてあげてください。
ただし、急なダイエットは負担になって返って健康を害してしまうこともあるので、
うまくコントロールするようにしてくださいね。