ヘビのケアについて

緑色の模様がキレイなヘビ

ペットとして人気の出てきている「ヘビ」

現在、様々な種類の動物がペットとして飼われています。
特に増えてきているのが爬虫類や両生類等で、
鳴かないので集合住宅でも飼うことが出来るという事で人気があります。

その中でも様々な種類があって人気があるヘビは、
一体どのように飼われているのでしょうか、
そしてそのケアはどうすればいいのでしょうか。

ヘビのエサ

ヘビを飼う時は、えさにまず注意しましょう。

必要なのは生餌ですが、これは必ずしも生きていなければならないというわけではなく、
生のエサであればOKです。
しっかりと栄養を取らせる必要があるので、できれば様々なものを与えるようにします。

また肉のみ与えるのではなく、骨や内臓も一緒に摂らせるようにしましょう。

勿論、生き物だけでなくソーセージの様になっているヘビのエサ等を与える事が出来ます。

ヘビを飼う時は、ある程度の広さを確保してあげましょう。
また簡単に脱走してしまうので、逃げないようにするのが重要です。
ちょっとした隙間であってもすり抜けていく事が出来るので注意しましょう。

ストレスがかからない環境作りを

さてヘビを飼う場合、
えさを与えていれば後は何もする必要がないかと言ったら決してそうではありません。
環境によってはかなりストレスを感じてしまい、
結果的に病気になってしまう事も有ります。

また餌を食べるからと言って与え過ぎるのも良くありません。

人間に飼育されているヘビは、どうしても病気になってしまう事があります。
その理由として挙げられるのがストレスです。

人間でもストレスを感じすぎると調子が悪くなるのと同様で、
ヘビもストレスでかなり調子が悪くなってしまいます。

例えば飼育している環境が合っていない、隠れる事が出来ない、
暑い、寒い、餌が合わない、人間に見られる、触られるなどは、
ヘビにとってかなりのストレスとなります。

ストレスを感じ過ぎる事によって免疫力が低下し、
思わぬ病気になってしまう事も有るのでできるだけヘビに合っている環境で育てるようにしましょう。

ヘビを飼育する環境は、その種類によってもかなり変わってきます。
温度、湿度等はその個体に合っているようにしましょう。
その為には赤外線ライトや温度計等を用意するのも重要です。

ちなみにヘビを好きな人にとっては、その可愛さはかなりの物でしょう。
またヘビ自身は小さい頃からよく触ると、人に慣れてくれるので適度に触るのはお勧めです。
基本的には余り世話をしない、ケアしすぎないというのが重要なので、実は触りすぎるのは良くありません。

前述したようにストレスを感じてしまう事があるので、人間の都合でケアをするのはやめましょう。
また餌を食べた後にすぐに触るのはやめましょう。
撫でると喜んでくれるとか、しっかりと世話をするとそれに応えてくれるなんて思うかもしれませんが、
できるだけ放置しておくようにするのがヘビと仲良く暮らしていく上で重要な事と言えます。

餌に関しても、毎日与える必要はありません。
食欲にはむらがあるので、よく食べる日もあれば食べない日もあります。
週1か週2、その程度与えれば十分です。

ヘビに関しては基本的にはそれ程ケアをする必要がありません。
出来ればヘビの好きなようにさせてあげる、
人間は過剰に干渉しないようにする、これが重要です。