フェレットのケアについて

フェレットのイラスト

健康チェックをしっかりやろう

フェレットは比較的丈夫なペットですので、
飼い主があまり神経質になってあれこれと世話をやくのはよくないともいわれています。
けれど、フェレットが健康な生活を送るためには、飼い主が毎日健康チェックやケアを
してあげながら、病気やけがなどを早期発見してあげることが重要です。
フェレットの健康チェックポイントをあげていきましょう。

まず、目や耳、鼻、口などのチェックです。
目は、めやにがでていないか、涙目ではないか、傷がないかなどをみてあげましょう。
耳は、異臭がしないか、耳垢が正常かどうかをチェックしてください。
鼻は、鼻水がでていないか、白っぽくないかなどがポイントです。
口は、臭くないか、歯がかけていないか、変
色している歯がないかどうかなどをみてあげましょう。

つぎに、足やしっぽ、毛などのチェックです。
足は、爪が伸びすぎていたり、割れていないかをみてあげたり、
足の裏の肉球の状態や足を触っても痛がらないかどうかなどをチェックしてあげます。
しっぽは、毛がはげていないかどうか、肛門周囲の状態などをみてあげましょう。

毛は、抜け毛の季節以外に大量に抜けていないかどうか、毛がパサパサしていないか、
皮膚の状態がカサカサしていないかどうか、湿疹ができていないかなどを調べましょう。

つぎに、便や尿についてです。
フェレットの正常な便はペースト状の堅さです。
下痢をしていないかどうか、細すぎる便ではないか、
黒い便や血便ではないか、尿の色は正常かどうかなどをきちん確認してあげましょう。

行動にもおかしな所がないかチェック

最後に、フェレットの行動についてのチェックです。
フェレットは普段から活発な動物なので、ケージから出してあげた時に様子などを
きちんと確認しておけば、病気や不調に気付いてあげることができます。

ケージからなかなか出てこなかったり、
ケージから出ても遊ばずに寝てしまったりする時には注意が必要です。
ストレスによって起きている症状の場合もあるので、
生活環境に気を配ってあげるようにしてください。

また歩き方に力がない、びっこをひいている、などの変化にも目をむけてあげましょう。
健康な生活をおくるためのケアについても説明しておきます。
食事は、完全な肉食動物ですが、栄養のバランスから考えると、
市販のフェレットフードを与えるのが最適です。

甘いお菓子などは好んで食べますが、あげすぎに注意しましょう。
1日に何回にもわけて食事をとるので、えさ箱にはいつもエサを入れておいてあげましょう。
病気の予防のためにも、ケージはいつも清潔にしてあげられるよう、
毎日こまめな清掃が必要です。

トイレもきちんとしつけてあげてください。
室内の温度は寒すぎず暑すぎない24度ぐらいが最適といわれています。
直射日光は避け、風通しのよい場所にケージをおいてあげましょう。
フェレットはとても人なつこく、人間に遊んでもらうことを好みます。
時間を決めて、たくさん遊んであげるようにしましょう。