猫とアロマの危険性

横を向いている子猫

猫とアロマオイルの危険性について

アロマテラピーは香りによって得られるリラックス効果や様々な悩みによるストレスの軽減などが人気の自然療法です。
このアロマテラピーは人間だけではなく犬にも有効なので、飼っているペットとともにアロマを楽しんでいるという人も珍しくないのではないでしょうか。

アロマオイルはその香りによってリフレッシュすることができますがそれだけではなく、呼吸によって有効成分が体内に入り、血流に乗って全身に作用したり、アロママッサージでは皮膚から体内に入り全身に巡り心身に作用します。
そして体内に取り込まれたアロマオイルの有効成分は、最終的に肝臓や腎臓で代謝され体外に排出されます。

手軽に楽しむ事の出来るアロマですが、アロマオイルの種類によっては強力な作用を持つものもあるので、使用する量や頻度には注意が必要です。

このように人間や犬には有効なアロマですが、実は猫には非常に危険なものであり、時には死に至ることもあるといいます。
猫は肝臓の機能が人間や犬とは違うため、アロマオイルを十分に代謝することができないというのです。

肝臓の重要な働きのひとつに解毒作用がありますが、人間や犬に備わっている解毒機構のグルクロン酸抱合が猫にはないのです。
そのため体内に取り込んだアロマオイルの成分を解毒できずに毒性を蓄積していってしまいます。

猫に直接アロマを使わなくても、飼い主が部屋で芳香浴を楽しんでいる場合でも危険があります。
アロマを楽しみたいのであればその部屋に猫を入れない、部屋に入れる場合はその後の換気をちゃんとするなど注意が必要です。

アロマをたくことで起こる可能性のある病気

猫にとってアロマオイルはとても危険であり、例えばアロマオイルを舐めてしまった猫が死亡してしまったという悲しい事故も起こっています。
また、飼い主がアロマをたいていた部屋でずっと暮らしていた猫は、肝臓の血液検査の数値が高いといいます。

アロマオイルの種類によってはすぐに中毒症状が現れることもありますが、ほとんどの場合少しずつ毒性が溜まっていき、数年後に中毒症状が現れるということが多いようです。
代謝機能のある腎臓や肝臓がやられてしまい、食欲不振や吐き気、元気がない、よだれ、下痢、めまいなどさまざまな症状が出てくるのだそうです。

目や皮膚の異常もみられ、猫はグルーミングをするために口腔内にも炎症などの悩み症状がみられるようになります。

しかし、猫を飼っている人でもアロマをたいて楽しみたいという悩みをもつ人もいると思います。
その場合は猫に影響のないように十分に注意して楽しみましょう。
万が一何らかの異常がみられた場合は、すぐに獣医師の診断を受けることをおススメします。

猫だけではなくフェレットも代謝機能が劣っているためにアロマは不向きだといいます。
大切なペットを守るため、アロマの扱いは慎重にする必要があります。

ペットを飼っているという人は多くいますが、すべての人がそのペットの特性や生活様式を理解しているわけではありません。
人間に良いからと言ってペットに良いとは限らないということを肝に銘じておきましょう。