野良猫と飼い猫の違い

黒と白の野良猫

野良猫

人に飼われていない猫を野良猫と言います。
ただ、完全に野生化しているわけではなく、生活圏はあくまで人間が生活しているところです。
人間になつかない野良猫もいますが、なついてくる野良猫も多くいます。
そのどちらにせよ野良猫は人間社会に依存した生活を送っており、それはもともとは人間によって飼われていた猫であるためと考えられています。

つまり、人間の勝手な都合により捨てられた猫が野良猫となっているのです。
事情により飼えなくなった、または予期しない繁殖に悩み、結果捨ててしまう飼い主は少なくないのです。

飼い猫

一方の飼い猫とは文字通りペットとして家で飼われている猫です。
完全室内飼いで生涯外にほとんど出ないという飼い猫も少なくありませんが、自由に外を出歩く飼い猫も珍しくありません。
一般的に特定の飼い主がいてエサもらい、寝るところのある猫を飼い猫と呼びます。

ちなみに特定の飼い主がいなくても、地域全体で面倒をみている地域猫というのも存在します。
野良猫と変わらないのではと思う人もいるかもしれませんが、地域猫は野良猫とは違い地域住民がきちんと管理しているので、地域全体で飼っている飼い猫と言えるでしょう。

野良猫と飼い猫の違い

野良猫と飼い猫の違いはまず環境の違いがあげられます。
例えば寝るところやエサ、受ける愛情に大きな違いがあるのではないでしょうか。

その他には現実的に飼い主がいるかどうかという違いがあるのですが、実際に外を歩いている猫を野良猫かそれとも飼い猫かを簡単に見分けるのは悩みどころだというのが現実です。
首輪などの目印がついている場合は別ですが、猫を飼っているすべての人が首輪をつけているわけではありません。
特に田舎では首輪をつけずに自由に放し飼いにしている人は多くいます。

また、人に慣れていれば飼い猫と考えるのも安易です。
例え人に慣れているとしても以前は飼われていた野良猫の可能性もあるのです。
だから明確に野良猫と飼い猫を区別することはできないでしょう。

ただし猫を見て、ある程度の推測は可能です。
例えば毛並がキレイで病気やケガがない場合は、飼い猫の可能性が高いことが考えられます。

猫好きなら、家に迷い込んできた猫を野良猫か飼い猫かわからないけれど、もし野良猫なら家で飼いたいと悩むことがあります。
もし飼い猫だったらと考えると、なかなか踏み切れないといった悩みは多いのではないでしょうか。

残念ながら野良猫と飼い猫を見かけで判断するのは容易ではありません。
しかし、ご近所に聞いてみて誰も飼っていないようであれば、保護してあげた方が良いかもしれません。

ペットを飼うということを軽く考えている人が少なくなく、安易に捨ててしまう人がいます。
ペットを飼うということは命のある生き物と生活することです。
飼い主の思う通りにはなかなかいきません。
ペットとの生活は想像以上に大変ですが、しかしその反面喜びも大きいのは確かです。
責任を持って飼う事を願います。