ペットの健康管理

パグ

人間が生活していく中で、ペットは今やかけがえのない存在になりつつあります。
その理由は、ペットを飼うことで、日々のストレスを軽減することができたり、子供と触れ合えば命の大切さを学ぶ機会ができるともいわれているのです。

しかし、それに伴い人間と同じくペットにも高齢化が進んでいて、長生きできる分病気やケガのリスクも高くなっているというのも現実です。
せっかく家族として迎え入れたからには、少しでも元気で長生きしてほしいですよね。

では、ペットの健康管理というのは具体的にどのような方法があるのでしょうか。

食生活を正す

まず基本となるのが、ペットの食生活です。
食事は生きていくうえで必要な行為で、健康管理の一環として欠かせないもの。

基本的には、ペットフードを食べさせてあげるのが大前提です。
よく食卓の残り物や、尻尾を振ってほしがっているからと言ってお菓子などを大量に与えてしまうと、それが原因で病気になってしまうこともあります。

近年のペットブームの影響もあり、ペットフードも良質なものがたくさん売られていますので、獣医さんと相談しながら日々の食生活から変えていきましょう。

スキンシップで小さな変化も見逃さない

また、ペットとのコミュニケーション・スキンシップをとることも大切です。

具体的には、日々の散歩や遊びなど、ペットとスキンシップをとる場面はたくさんあります。
毎日欠かさず続けていれば、ある日ペットの様子がおかしいな?と思ったときでも、すぐに対応できますよね。

尚、ペットの種類によっては誤飲などを引き起こしやすい場合もあるので、目を離したすきに間違って物を飲みこんでしまうなどがないよう、定期的に部屋の整理整頓もしましょう。

犬や猫の健康チェックやペットケアならPetio

ペット保険に加入しておく

人間と同じ、ペットも生き物です。
いくら念入りに対策を取っていたとしても、万が一の事態は起こり得ます。

そうなっても慌てないように、予防という意味でペット保険に加入しておくと安心です。
もしペット保険に加入せずに動物病院などで治療や手術を受けた場合、ペットには医療保険制度がないため費用は全額負担となります。
場合によっては、一回で数十万円という治療費がかかることもあるのです。

特に、ペットの病気の中でかかりやすいガンやヘルニアなどの病気は補償対象外となることが多いですが、PS保険ではそういった病気でも補償範囲内なので安心です。

ペット保険ならガンや椎間板ヘルニアなども対象の『PS保険』

大切なペットと少しでも長い間一緒に過ごすことができるよう、飼い主側もペットの健康管理についてきちんと理解しておきましょう。