ペットの健康

パグ

今や空前のペットブーム

皆さんはいま、ペットを飼っていますか?
経済成長とともに始まった日本のペットブームは、少子高齢化社会の影響もあって、
空前のペットブームへと発展していて、その人気は衰えることなく続いています。
ペットショップには数多くのかわいい動物たちが売られていて、
飼いたいという意志さえあれば誰でもペットを手に入れることができるのです。

現代人にとって、ペットはもはや愛玩動物としての役割をはるかに超えた存在に
なっているようで、飼い主の生活にうるおいを与えるだけではなく、
ストレス社会の疲れた心を癒し、失われつつある家族の絆も強めてくれます。
共に生活を送る大切な家族となり、素敵な思い出をたくさん残してくれますよね。

ペットの責任は飼い主にあります

しかし、一方では、大切な家族であるからこその悩みもつきません。
言うまでもなく、生きものと暮らすということは、決して自分の思い通りに操作できるような
ゲームなどではなく、またかわいいペットたちは縫いぐるみではないのです。
生きものである以上いつか迎える死をきちんと見すえて、
飼い主としてペットの命の問題と常に向き合っていかなくてはならないのが大前提です。

しかも、ペットは飼い主である人間に、自分の全てを依存します。
逆に言えば、ペットの生死はもちろんその性格形成や
健康状態その他の生活上の全ての問題について、
飼い主が全責任を負う覚悟も必要になるのです。
生きものに対して責任を持つというのは、口でいうほど簡単ではなく、
なかなか難しいものですよね。

だからこそ万が一ペットが病気や怪我をしても問題ないように、
動物病院を探して置いたり、ペット用の保険に加入したりするなど事前準備が必要なのです。

けれど、飼い主がその責任を放棄して、世話や対応をおこたってしまうと、
社会全体にたいしても迷惑がかかり、ペットも不幸な運命をたどることになります。
さらに、難しいのは、ペットには様々な種類があるということです。
ペットはその種類によって、それぞれ全く違う健康の問題が発生してくるものです。
適切なケアするためには、自分の飼っているペットの種類、性質、特徴などについても、
正確に詳しく理解している必要があります。

いざ、病気になっても慌てない為に

また、いざという時に、あわてず、きちんとケアをしてあげるためにも、
それぞれの種類に応じた病気の種類やその対処法などについて、
日頃からある程度の知識を持っておくことが大切なのです。
ペットである動物たちの健康に気を配り、動物たちのさまざまな病気に対して
注意を払っていくことで、はじめてペットとの楽しい共同生活が営めるのですね。
本サイトでは、人気のペットである犬、猫をはじめ、ウサギ、フェレット、インコなどの
病気やケアについて取りあげました。

「自分のペットはどんな病気になりやすいのか?」
「こんな症状の時はどのような病気が考えられる?」
「どんなことに気を付けていたら病気をしないの?」
「高齢のペットの健康を守るには?」
といった、ペットの健康や病気に関するさまざまなお悩みポイントを、
種類ごとに詳しく解説していきます。
かわいいペットたちの健康を守り、楽しくハッピーなペットライフを過ごすために、
是非参考にしてくださいね。