アオダイショウの特徴と飼育方法

アオダイショウのイラスト

毒を持たないため安全に飼えるアオダイショウ

ペット用ヘビの多くは毒の少ないナミヘビ科に属するものですが、中でも日本でなじみが深いのがアオダイショウです。
「青大将(アオダイショウ)」というとなんだかとても勇ましい名前をしていますが、これは野生のものが背中に青みを帯びた鱗を持っていることに由来します。

ペット用のヘビとしてはコーンスネークが有名ですが、このアオダイショウも同じナミヘビ科の仲間です。
アオダイショウは有鱗目ナミヘビ科で全長は110~200cm、日本に古くから生息しており北海道から本州、四国、九州までかなり幅広い地域で見られています。

なおアオダイショウは日本固有のヘビであり、日本国内にしか野生種がいません。
日本国内であればあらゆる場所で発見例があり、平地でも山地でも、森林でも農地でもどこにでも出没するというところが特徴と言えるでしょう。

木登りがとてもうまく、森林など木々が多い場所ではよく枝の上に潜んでいたりします。
もちろん地面を移動していることも多く、どこにいても突然出くわすことが多い、かなり馴染みの深い種類のヘビと言えるのではないでしょうか。

ちなみにアオダイショウは、本州に生息しているヘビの種類の中では最大のサイズとされています。
野生種の中には2mを超えるようなものも発見されており、おそらく森林の中などで突然見つけた時には相当驚いてしまうでしょう。

繰り返しますが、アオダイショウが含まれるナミヘビ科は毒素を持っていませんので、もし発見をしてもあまり気にせずにそっとしておいてください。
なお同じく日本固有のヘビとしてマムシもいますが、こちらは毒性が強く、また凶暴な性格をしているので、アオダイショウと見間違えないよう注意しましょう。

アオダイショウの飼育方法

アオダイショウは比較的日本国内で多く見かけられるヘビなので、ことさらペットにしようという人はそれほど多くありません。
もちろん飼育をするのは全く問題なく、コーンスネークと同じように暖かくて動きがとりやすいケースを作ってあげれば育てていくことができます。
ただアオダイショウは特定のエサのみを食べるという神経質な面もありますので、他のペット用ヘビと比べるとエサの問題でちょっと苦労するかもしれません。

飼育をする時にはできるだけ大きめのケースを用意するとともに、動きやすい床材を敷いてそこに木材などで木陰を作ってあげるようにします。
内部には大きめの水入れをつけてあげて、アオダイショウがいつでも水浴びができるようにしてあげるとよいでしょう。

エサとしてはピンクマウスを主に与えていきます。
ピンクマウスは餌用にペットショップなどで販売されていますので、それらを与えてあげてください。